星つむぎの村のブログ

甲府と埼玉へ2か所同時配信のフライングプラネタリウム

 「フライングプラネタリウム」(略称 フラプラ)とは、星つむぎの村のプラネタリウム投影をインターネットを通じてライブ配信するスタイルのことを言います。2019年度は、8回ほど行っています。実際にお伺いした先で、ひとつの病…
続きを読む

新年のごあいさつ2020

元旦から、もう1週間も経ってしまいましたが、明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします。 法人化から3回目の新年です。全国各地にいる村人は150人になりました。 「すべての人に星空を」 その想いに…
続きを読む

山梨県立吉田高校にて

 1月8日(水)、山梨県立吉田高校にて、2020年最初のキャリングプラネタリウムを行いました。吉田高校は、歴史も深い「文武両道」校。雄大な富士山に見守られた場所にあります。  今回は「富士山学」というワークショップベース…
続きを読む

児童デイサービスめろでぃにて

12月27日(金)、府中市の小さくかわいい一軒家の「児童デイサービスめろでぃ」にて4人のお子さんとスタッフさんたちに星空を届けました。 シャッターを閉めて、窓には遮光シートを貼って、生活のお部屋の天井へ投影。 スタッフは…
続きを読む

山梨放送「宙先案内人-星と人をつなぐ出張プラネタリウム」

12月27日に、YBSふるさとスペシャル「宙先案内人-星と人をつなぐ出張プラネタリウム」が再放送されました。これは2019年5月25日に放送されたもので、2019年の民間放送連盟賞・青少年の部優秀賞を受賞しました。

共同通信「闘病の人に星空を」

12月23日に共同通信から配信された記事が、日経新聞夕刊、埼玉新聞、ほか、全国地方紙に掲載されました。

「星空を届けたい」書評

高橋真理子の著書「星空を届けたい 出張プラネタリウムはじめました!」の書評が朝日新聞山梨版に掲載されました。

都私幼連だより

東京都私立幼稚園連合会が発行する「都私幼連だより12月号」の「提言」に共同代表・高橋真理子のインタビューが掲載されました。

読売新聞で星空口笛コンサート

12月14日、読売新聞埼玉版にて、「星空口笛コンサート」開催にあわせて、口笛奏者の柴田晶子さんと、星つむぎの村共同代表の高橋真理子が紹介されました。

毎日新聞 窓をあけて

12月14日 毎日新聞の編集委員である元村有希子さんのコラム「窓をあけて」で、高橋ほか星つむぎの村のことが紹介されました。