投稿者: hoshitsumugi

病プラ研修2021②

5月6日、星つむぎの村内で行う病院がプラネタリウム研修会の2回目を行いました。(1回目はこちら) 今回は、やはり当事者として古川結莉奈ちゃん母である綾子さんのお話を聞かせてもらいました。 先天性ミオパチーという筋肉の難病…
続きを読む

Yちゃんご家族に

2019年に、出張での「病院がプラネタリウム」を体験してくださり、去年は「フライングプラネタリウム」でご家族と、また学校の友達と体験してくださったJ一家。12歳のYちゃんが、お医者さんから「いつ最期がきてもおかしくない」…
続きを読む

5月19日 全国一斉フライングプラネタリウム#16

「フライングプラネタリウム」は、星つむぎの村がお送りするライブ配信のプラネタリウム。 なかなかホンモノの星空を見ることが難しい、長期入院中の子どもたちや難病の子どもたち、そのご家族などに、星空を届ける活動をしています。 …
続きを読む

病プラ研修会2021①

4月29日、「病院がプラネタリウム研修会2021」の1回目を開催しました。2018年の初回のときから、具体的な活動についての話と並行しつつ、一方で、「寄り添うとはどんなことか」ということについて感じたり考えたりする時間を…
続きを読む

5月5日 星の寺子屋

星の寺子屋は、さまざまな子どもたちの学びと交流の場です。(現在、参加者募集中、詳細はこちら) 次回、子どもの日は、パステルアート、読み聞かせなど行います。ご興味ある方は、ご連絡ください!

5月1日~3日星空縁日

長年おつきあいのある、ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原にて、「星空縁日プチ」を開催します。感染症対策をとりながら、スクリーンプラネタリウム、また、簡単なワークショップ(お部屋に持ち帰ってできるものもあります)を行います…
続きを読む

2021年度、病院・施設・団体さま向け無償プラネタリウムについて

 星つむぎの村では、2014年から「病院がプラネタリウム」という、なかなかほんものの星空を見ることが難しい、長期療養中の子どもたちやその家族や医療関係者に星空を届けるという活動を行ってきました。 2019年度には、90件…
続きを読む

☆みんなみんな宇宙の子☆ 星の寺子屋 参加者募集!

星つむぎの村は「すべての人に星空を」というテーマで、なかなかホンモノの星に出会う機会の少ない人たちのところへ星空をお届けする「病院がプラネタリウム」や、星空観望会やワークショップ、グッズ製作などを行っています。 昨年から…
続きを読む

星つむぎの村通信 –No66– 2021.4.27発行

学生時代のサークル同級生が百人一首の研究者になっていることもあり、最近、小倉百人一首にけっこう入れ込んでます。 ビックリすることに、これ(小倉百人一首)の選者は藤原定家と信じていましたが、確定してるわけではないようです。…
続きを読む

4月の星の寺子屋

2021年度から月に2回の開催となった「星の寺子屋」 4月は、3日と24日に行いました。 第13回 4月4日 4月のお誕生会・読み聞かせ・ワーク「チリメンモンスターをさがせ!」 参加:子ども13人・大人7人 ※ご支援をい…
続きを読む