11月12日 星の寺子屋

11月12日 星の寺子屋

今回の星の寺子屋は、なんと50回目! でした。 2020年5月からはじめ、ここまでやってきました。いつも一緒に楽しんでくれるお友達のみなさん、ありがとうございます。 最近忙しくてこられなかった、佐知ちゃん家族も顔をだしてくれました。

今回は、「自然のめぐみ いのちのつながり」vol.6 。落ち葉アートと、大きなカブごっこを行いました。また、大澤さんの読み聞かせは、「おちばのしたをのぞいてみたら」でした。

事前に、みんなに送った落ち葉は、朴、ダンコウバイ、イロハモミジ、いちょう、プラタナス、ウリハダカエデ、でした。これらを自由につかって、みんなでアート! それぞれの発想が素晴らしい。朴やプラタナスは大きいので、それだけでも、お面になっちゃう。 そらちゃんは、恐竜が大好きなので、いちょうやもみじをうまくつくって、ステゴザウルスやトリケラトプスに! クリスマスツリーをきれいにつくったり、タヌキや、トナカイや、リースや。みんな自由な発想が素晴らしいです。後日、送ってもらったものも含めて、一部紹介します。

また、畑でそだった、「あかかぶ」を、「大きなかぶ」風にみんなで収穫。りっちゃんが描いてくれた可愛い動物たちを、子どもたちは一人ひとり選んで、みんなで「うんとこしょ、どっこいしょ」と掛け声かけて、収穫!

 

大澤さんの「おちばのしたをのぞいてみたら」も、小さな見えない虫たちの営みがあって、「自然のめぐみ」ができあがることを感じる本でした。

次回の自然のめぐみは、何がでてくるでしょう。またお楽しみに!