星つむぎの村通信 –No57– 2020.8.4発行

星つむぎの村通信 –No57– 2020.8.4発行

大雨が各地に大きな被害をもたらし こころを痛めた長い梅雨も終わりを告げ、やっと夏の到来です。
そして、こんどは熱中症注意の時期となりました。
みなさん、新型コロナ、熱中症に気をつけながらやっと来た夏を楽しみましょう!
さて 星つむぎの村通信 57号をお届けいたします。
今回は、あまり姿を現さなかったあのネオワイズ彗星のショットも! 是非お楽しみください。

(仲道正恭)

<星空俳句>

梅雨晴れの 空にはばたく ほうき星

大雨が降りつづく長い長い梅雨でしたが、お元気にお過ごしでしょうか?
新型コロナウィルスは未だ終息することなく、世界に蔓延を続けています。
そんなご時勢でも、北の空に 久々に肉眼でも見える彗星となったネオワイズ彗星が訪れています。
残念ながら、私は未だ自分で見ていませんが、素晴らしい写真を撮られたかたもいます。
7月4日に近日点を通過しましたので、それからはゆっくりと暗くなっています。
次に会えるのは5,000年後とか。
日没後、北西の北斗七星のひしゃくの近くをみてください。
うっとおしい梅雨が明け、コロナウィルスがおさまることを彗星に託して詠みます。

※ネオワイズ彗星の「ネオワイズ」とは、この彗星を発見したNASAの地球近傍天体広域赤外線探査衛星(NEOWISE:Near-Earth Object Wide-field Infrared Survey Explorer)の略です。

(青りんご こと 斉藤泰文)

===========目次===========
1.今月の星空紹介
2. 宇宙小話
3.村人だより -活動紹介(病院がプラネタリウム)-
4. 村人投稿 -撮れた♪ ネオワイズ彗星!-
5. 星つむぎの村 活動スケジュール
========================

1.今月の星空紹介

皆様、こんばんは。
毎年8月1日から7日までの一週間は「スター・ウィーク~星空に親しむ週間~」ですが、ご存じでしたでしょうか?
全国的に梅雨明けとなって星が見やすいこの期間、新型コロナウィルス対策を万全にして、是非、星空を眺めて楽しみましょう。
さて今回は、惑星たちとペルセウス座流星群をご紹介します。
この時期の21時頃、南の空に明るい星が2つ並んでいます。
西(右)側が木星、東(左)側が土星です。
木星はとても明るいのですぐ見つけられるでしょう。
条件が良ければ双眼鏡で「木星の衛星」も見えますよ。
土星は木星よりちょっと暗めですが、木星から「腕を伸ばしたゲンコツ1個分」だけ東側のあたりを探してくださいね。

23時頃になりますと、赤く光る火星が東の空に昇ってきています。
今年は準大接近します(10月6日に最も近づく)ので、今後も注目の惑星です。

さらに、早起きが得意な方は金星もおすすめです。
朝3時頃「明けの明星」として東の空にギラギラ輝いておりますし、16日には細い月との共演が見られます。

ペルセウス座流星群は「3大流星群」の一つとして毎年楽しめます。
今年のピークは12日22時頃と予想されていますが、
なんとその日は下弦を過ぎた月が23時頃に昇ってくるので、月の光の影響が小さい宵から深夜にかけての観察が「ヨイ」かなと思います。
その時間帯にはW(ダブリュー)の形が特徴のカシオペヤ座が北東の空に縦に光っており、
その下がペルセウス座になるので、流星は、そのあたりを中心に空を広く見ると見つけやすいです。

最後に、便利なウェブサイトを一つご紹介しましょう。
パソコンやスマホに星空アプリをインストールしている方もいらっしゃると思いますが、
国立天文台のサイトでは「今日のほしぞら」というページがあり、その日の星空を計算して表示してくれます。
URLはこちらです。
https://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/skymap.cgi

パソコンは勿論、スマホでも動きそうですし、暗い所でも見やすいデザインなので、
スマホ上で適当に拡大縮小したら、早見盤としても使えそうです。
是非、お試しあれ。

(和田直彦)

 

2.宇宙小話

「冗談とはユーモラスなクライマックスを持つ物語」
これは、今でも大人気なSFドラマの金字塔「スタートレック」に登場するミスター・スポックが、ぼそっと口にするセリフです。
バルカン人(宇宙人)と地球人のハーフであるスポックには「冗談をいう」という概念がありません。
バルカン人がもとから冗談を言わない種族なのかどうかはわかりませんが、私はこのセリフを字幕で見たとき、一時停止してゆっくり読み返しました。
おもしろい!「冗談」が分からなくても、「ユーモラスさ」は分かるということでしょうか。

常に冷静沈着で、表情をまったく変えないスポックも、地球人のアメリカンジョークに触れていくうちに、たまに「冗談」を口にするようになります。
しかもやっぱり表情ひとつ変えないで。でもそれは仲間の地球人に対するスポックの優しさなんですね。
スタートレックは未来の物語でありながら、人間ドラマ満載でとても面白いです。
私は数シリーズの映画でしか観たことがないので、いつか時間を作って過去のテレビドラマ全話を制覇しようと思っています。
果たしてどのくらい時間がかかるのかは、今は考えないように。

ちなみに、80年代の漫画「Dr.スランプ」の登場人物に「スコップくん」という少年が出てきます。
顔がミスター・スポックにそっくりで、思い起こせば私のスタートレックへの導入はこのスコップくんからだった、
・・・かどうかはわかりません(笑)

(河村和栄)

3.村人だより -活動紹介(病院がプラネタリウム)-

【観る側と観せる側がどんどん重なっていく】

病院がプラネタリウムの今2020年は大きな転換期となりました。
あれだけ盛んだった出張プラネタリウムが3月以降次々と中止になりました。
対象が基礎疾患のある子どもたちとそのご家族なので安全が第一優先だからです。
その代わりライブ配信を行うフライングプラネタリウムを行う機会がどんどん広がっています。
ただでさえ外出がしにくいのにさらに人との接触をさける制限された生活の中で広い宇宙を感じる機会を作ると、色々なものがそぎ落とされて本当に大切なことに気が付くように感じています。

オンラインの配信
「フライングプラネタリウムの解説だけでなく村人も交流できるといい」
「子どもたちを宇宙飛行士にして宇宙に飛ばそう」
みんなで議論しながら、フライングプラネタリウムがより充実するように工夫をしてきました。コロナ禍に負けることなく、新しいものを作り出していく星つむぎの村…そして対話ができる機能をプラスで全国の村人が対象の方と一緒につながってライブ配信を見ることが出来るようになりました。

村人の進化はそこで止まらず、せっかく挨拶できたのだから
アイスブレイクや対話のツールをあれこれ考えはじめるという動き、次々湧き上がるようにでてくる・・・
こんなのあったよーと発想が実に面白くワクワクします。
村人限定のオンラインの話し合いも盛んです。
そんな中意見交換も熱くなります。
「オンラインで発信出来るようになったけど、変化を感じているこどもたちの声を聴くことはできているのか」
「選択したり手を動かして出来ることも考えたい」
「病児むけの遊びがオンラインの今だから役に立つ」
と村人の意見をもとに新たな発想の星つむぎの村の発信も増えました。
手作りワークショップ、星クリエイトなどほかのチームが連動してフライングプラネタリウムを盛り上げてくれています。

今まで私は病院がプラネタリウムを担当しても、プラネタリウムの解説は出来ないし、機械の調整が出来るわけでもない。
だから星空を一緒に見上げて感動を分かち合う事が役だと思っていました。
そのために観ていただいた方が安心して安全にプラネタリウムを届けることが優先で、安全のためにマニュアルや心合わせをしてきたのですが、その経験が今につながっていると感じています。

星つむぎの村は
星を介してみんなで幸せになろう
この目的の通り、病院がプラネタリウムは進化している。
みんなみんな星に愛されてこの世に生まれてきたことを安全な形でこれからも伝えていきたいと思っています。

村人の皆さんとこの時期だからこそもっともっとつながれたら嬉しいです。

(黒井ペコ こと 黒井良子)

4. 村人投稿 -撮れた♪ ネオワイズ彗星!-

7月11日(土)の明け方、沖縄 東の空
(写真提供  村山邦子)

7月16日(木)の20:30頃に富山県の黒部市にて×2
(写真提供  野寺 凛)

7月19日(日)20:06 山梨県北杜市白州町 あおぞら共和国の近くにて
(写真提供  跡部浩一)

 

5.星つむぎの村 活動スケジュール

オンラインで行われているものについて紹介します。

<ライブ配信をして、まだ見られるもの>
7月7日の全国一斉フライングプラネタリウムは「たなばたと天の川」がテーマでした。
https://youtu.be/qv4hwlhFS98

7月25日(土) 宙先案内人と行く 池田綾子 星の旅
https://youtu.be/KdCSQSPCxmY

<動画配信>

プラネタリウム番組「戦場に輝くベガ―約束の星を見上げて」
8月1日(土)正午~8月15日(土)24時
https://youtu.be/S26mfy855O0
2006年の初上映以降、全国的に大きな反響を得た番組です。
こちらのサイトに、いろいろまとめてます。
http://www.veganet.jp/
これに関連して、三鷹市が主催したオンラインプラネ&講演会(高橋と跡部がトーク)もあります!
https://www.city.mitaka.lg.jp/c_event/087/087253.html

Fortune stars! 星に願いを プロジェクト
子どもたちから集めた「願い」を、宇宙に届け、星つむぎの村の村人がそれにコメントしています。
https://youtu.be/VsZN7yZ_pvk

<今後のライブ配信>
8月1日(土)20時30分~
戦場に輝くベガに寄せて  跡部&高橋 トーク
https://youtu.be/1RLWAr7cWfk
「ベガ」の制作裏話です

8月6日(木)20時~
全国一斉フライングプラネタリウム#7  流れ星の話
ウェブサイトのイベント情報でお知らせします。

8月15日(土)19時~20時
希望の星に祈りをこめて-小林真人オンラインコンサート
ウェブサイトのイベント情報でお知らせします。

<リアルイベント>
8月4、5、11、12日 星空縁日プチ
ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原 で毎年行っている星空縁日。スクリーンプラネに縮小し、ワークショップはお持ち帰りキットでお楽しみいただきます。
https://yatsugatake.izumigo.co.jp/index.html

8月9日(日)サイエンスヒルズこまつ
こちらも「戦場に輝くベガ」とトークです。
https://science-hills-komatsu.jp/

<特別なお知らせ>
覚 和歌子さんと丸尾めぐみさんのコラボレーションに、映像をつけたコンテンツ(星のポエトリックオペラでライブ配信したもの)を、覚さんの公式サイトの一部である、「モモランチストア」にて、販売しています。 売上の一部は、星つむぎの村の支援にまわっています。
https://momo-launch.stores.jp/
他、 http://hoshitsumugi.org/join/
に掲載されますので、チェックしてください。

また、「フライングプラネタリウム」は、ご自宅などの天井いっぱいにうつすためのプロジェクターを貸し出して、特別な投影を行うこともできます。
また病院他、出張プラネタリウムの代わりにフライングプラネタリウムやっております。
ぜひお問い合わせください。
http://hoshitsumugi.org/

(高橋真理子)

―――――
★星つむぎの村の最近の活動報告はこちらから!
〇星つむぎの村ウェブサイト  http://hoshitsumugi.org/
〇星つむぎの村facebook https://www.facebook.com/hoshitsumuginomura/
〇星つむぎの村のプラネタリウム http://hoshitsumugi.org/planetarium/
〇病院がプラネタリウムfacebook https://www.facebook.com/hospitalplanetarium/
〇スターラウンド八ヶ岳Webサイト https://star-yatsugatake.com/

◆お願い
村通信に写真、絵などを掲載したいと思っています。
星関係はもちろんですが、関係なくともこころに響いたり、ほっとするものでOKです。
是非投稿ください! news@hoshitsumugi.main.jp